スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中将棋の進化について(10)          三島のトド

 この内容は、ギャンブリング&ゲーミング学会誌第2号(2005.9)に発表したものに基づいているが、一部修正を加えた。

10、中将棋の起源モデル
 以上述べてきたことをまとめて、モデル化したのが図である。東南アジアに由来するマークルック系の将棋(8X8、八方桂)が渡来して、大型化して原中将棋(仮称、10X10あるいは12X12、酔象・猛豹)になり、中将棋(12X12、獅子)に進化したという系統である。この系統では、異なった駒の成駒はすべて異なるという方式が取られていた。これとは別に、おそらく中国に由来する平安将棋(9X9)が先に渡来し、大型化の道を辿っていた。平安大将棋(13X13)は、その大型化の一例であろう。こちらの系統では、小駒はすべての種類で金将に成っていた。
中将棋系統の偶数路盤将棋の大型化も、平安将棋の大型化の影響を受けたとも考えられる。大型化に伴い、駒の種類を増やすために他の系統から適当な駒を導入することが行なわれ、多くの試行錯誤が行われてきたのであろう。中将棋成立後、最終的に、中将棋を取り入れた奇数路盤の大型将棋を作成したのが、現行大将棋だと考えている。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

中将棋のできるまで

コメント色々書いてきました。私の考えもまとめて紹介します。
2種類の伝来を考える必要はないと思います。

① 中国南部から「平安将棋」が伝わる。(大流行、中将棋が流行するまで残る)
横8×9、32枚、金将(1枚)、持ち駒ルール
② 庶民的な①に対して貴族社会で「平安大将棋」が考案される。
13×13、取り捨てルール
③ ②の影響で①の金将が2枚になる。興福寺の「小将棋」(①とあわせて流行)
9×9、38枚、酔象追加
④ ②が進化して「普通唱導集の大将棋」になる。(大流行)
15×15、酔象を③から受け入れる。飛車より強い駒無し。
⑤ ④をもとに「中将棋」が創案される。(大流行)
⑥ ③に⑤から飛車角行が付け加わる。朝倉将棋
⑦ ④に⑤から獅子麒麟鳳凰、奔王龍王龍馬がくわわり「現行大将棋」になる。
⑧ ⑥から酔象が取り除かれ「現行将棋」になる。(大流行)
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
プロフィール

FC2USER398459FNN

Author:FC2USER398459FNN
中将棋連盟ブログです
ルールや棋譜、過去の大会結果などは公式HP「日本中将棋連盟」のほうをご覧ください。
ここでは、行事のお知らせ、やさしい詰中将棋、歴史のお話、その他を、数人で分担。
少しずつ更新させていただく予定です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。