スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中将棋連盟会長ブログ(4)11月24日の中日新聞朝刊に「将棋のルーツ分かる「酔象」」と言う記事が掲載

 11月24日の中日新聞朝刊、ジュニア中日面に「将棋のルーツ分かる「酔象」」と言う記事が掲載されました。奈良の興福寺跡から出土した「酔象」駒を紹介した記事で、大内九段の話を引いて、現在の将棋+酔象の将棋が戦国時代以前にあったと紹介しています。平安時代に小将棋(明記されていないが、ここに酔象があったと言う解釈と思われる)に飛車・角が中将棋から導入されたと言う見解は、あまり言われていない見解だろうと思われる。
 中将棋に酔象があると言うことで、私も取材を受け、酔象駒を持っている写真が掲載されました。また、東海高校から東工大に進学されている有田夏洋さんが作られている面白将棋のインターネットサイト「将棋ったー」も紹介されています。

中日新聞 将棋のルーツ分かる「酔象」」
スポンサーサイト

第10回中将棋全国大会、関西将棋会館1月12日(日)

第10回中将棋全国大会

第10期中将棋名人位も決める第10回中将棋全国大会は、2014年(平成26年)1月12日日曜日
大阪の関西将棋会館にて行なわれます。

9時半受付開始予定です。

詳細は近々発表されます。
ここにも掲載させていただきます。

皆様奮ってご参加ください。

中将棋連盟会長ブログ(3)盤駒の手作り

北海道の中村さんから、手作りの大将棋、天竺大将棋、大大将棋、摩訶大大将棋の盤駒の写真をいただきました。よくできているように見えるので、作り方と原価をお聞きしたところ、
詳しい返事が返ってきたので、許可を得て、下に紹介させていただきます。

--------------------------------------------------------------------------------------
1、中将棋盤の原価ですが、材質は厚さ3cmの桧で約¥6,000-です。マルトクショップという木材加工の会社に頼みました(ネット検索より)。また、砥の粉・合成漆1セットで約¥1,500-でした(ワークショップで購入)。駒はねこまどショップの無地の本将棋セット(40枚)¥1,300-と摩訶大大将棋用200枚セット¥8,000-(金銀サイズ45枚・王将サイズ155枚)を使用しました。私は大・天竺・大大・摩訶の4種類を作成しましたので本将棋セットは20組・摩訶大大セット1組を使用しました。中将棋のみでしたら、本将棋セット3組で足りるはずですが、駒のサイズが不揃いになると思いますので、4~6組必要と思われます。また、歩のサイズが大量に余ってしまうのが欠点です。事実私の手元に歩のサイズの駒が大量に余っています。無地駒をばら売りしてくれる所を発見できなかったのが、残念です。
2、転写シートは、株式会社A-ONE(エーワン)のインクジェット用A4サイズを使用しました。2枚入りで約1,000-です。CADを使用して、文字サイズを駒の大きさに調整し隙間無く文字を印刷したので、大・天竺・大大・摩訶の4種類でも、5冊(10枚)で足りました。中将棋では、1冊(2枚)あれば足りると思います。印刷してから貼り付けるまでやや手間がかかりますが、シール自体が極めて薄いため、盤の上で滑らせても今のところ剥がれてこないです。よって材料費は、本将棋セットを6組使用して約¥16,300-です。
--------------------------------------------------------------------------------------

私は3Dプリンターを利用して、プラスチック駒を作ることを検討しています。愛知県公設試の担当者と話をしてみたところ、中将棋駒だけなら1000-2000円でできると言うことでした。ただ、プラスチックの種類によって値段が異なるほか、手触りがざらざらしてしまうことがあるようです。また、文字部分を黒及び赤で作るとなると、もう少しかかりそうです。表裏に文字部分の掘り込みを入れただけなら1000円程度と言うことです。一度、3D-CADで計測データを取ってしまえば量産可能ですので、時間ができたらやってみようと思っております。プラスチックの種類等に詳しい方がおられましたら、アドバイスをください。

北海道中村さん 写真 その1

写真のご紹介方法について <ブログ管理者>
 
この写真には摩訶大大将棋が一組写っていますが、実はこれでも写真全体の三分の一です。
実はこの右隣りに天竺大将棋、大大将棋が並んでいます。
あまり縮小してしまっては、大きさが伝わらないのと、他にも何枚も貴重な写真をご提供していただいていますので、ブログでご紹介するか、それとも中将棋連盟HP本体で紹介という形にするか検討中です。
しばらくお待ちください。

【追記】その後、適切なアドバイスをいただき、画像をクリックして拡大という形で、ご紹介させていただくようにいたしました。何枚もご提供いただいているので、少しずつ追加の予定です。

makadaiban

摩訶大大将棋盤、「クリックで拡大」

makadai

摩訶大大将棋 「クリックで拡大」



tenjiku-daisyougi-ban


天竺大将棋盤 「クリックで拡大」

tenjiku-daisyougi


天竺大将棋 「クリックで拡大」


koma 4shyu

駒 4種類 (クリックで拡大)
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
プロフィール

FC2USER398459FNN

Author:FC2USER398459FNN
中将棋連盟ブログです
ルールや棋譜、過去の大会結果などは公式HP「日本中将棋連盟」のほうをご覧ください。
ここでは、行事のお知らせ、やさしい詰中将棋、歴史のお話、その他を、数人で分担。
少しずつ更新させていただく予定です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。