スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会長雑感(2013,01)  「駒名に使われている字について」

 明けましておめでとうございます。本年も、日本中将棋連盟をご支援いただき
たく、よろしくお願い申し上げます。

 中将棋をはじめとする大型将棋の駒の名前を見てみますと、いくつか気が付く
ことがあります。例えば、動物の名前は多く使われていますが、植物名は見当た
りません。桂馬の桂は「カツラ」という樹木名ですが、ここでは、「馬」という
動物名を修飾していると考えるべきでしょう。駒は動くのが当然ですから、動物
名が多くなるのは理解できます。ただ、一部の駒の名前の出典になっていると思
われる山海経、荘子、仏教経典等に植物が出てこないわけではありません。一つ
二つ使われてもよかったのではないかと思います。
 もう一つ、修飾語として、猛、酔、盲などが使われていますが、現在の用法な
ら当然使われてもよいと思われるような字が使われていません。例えば、「荒」、
「強」等が使われておらず、「盲」、「慎(実際は口へん)」が使われているの
はなぜでしょうか。「荒」は荒れ果てたという意味がもとで、荒々しい、強いと
いう用法(荒鷲等)は後世に日本で生じたものなのでしょう。「強」も何か理由
があるのかもしれませんが、強大や強弩等の用法があり、使われてもよかったの
ではないかと思えます。
 何かコメントがあれば、お寄せください。
スポンサーサイト
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
プロフィール

FC2USER398459FNN

Author:FC2USER398459FNN
中将棋連盟ブログです
ルールや棋譜、過去の大会結果などは公式HP「日本中将棋連盟」のほうをご覧ください。
ここでは、行事のお知らせ、やさしい詰中将棋、歴史のお話、その他を、数人で分担。
少しずつ更新させていただく予定です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。